忍者ブログ
   「地下世界の少女-アリス・イン・アンダーグラウンド-」と「閉じた、私の腕の中の小さな楽園」のふたつの小説サイトの更新やお知らせや戯言など。
 71 |  70 |  69 |  68 |  67 |  66 |  65 |  64 |  63 |  62 |  61 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

地味に全く人気のないブログです。
1000ヒット行きましたーなんだか嬉しい。

更新予告。
今月中にTOP更新。
余裕があったらなにかしら小説をあとひとつ更新したいな。

「ハレム」読み直してみたら、とんでもない801で恥ずかしくてアップできそうにありません・・・!orz
一ページ目はファンタジーな感じなんですけど、二ページ目から私(作者)の気が逸れたのか、がっつり801に走ってましたorz
キャラ崩壊も甚だしく、もはやギャグレベルに・・・!

最近は、第三者目線での書き方を少し勉強しつつ、主に思春期に読み漁って買い漁ったもので、手元に残してあるお気に入りの作品を読んで、書き方勉強してます。

今年はプラトニックなの書きます。目標!
もしくは、801シーンを敢えて書かずの作品。
それでもって、ものすごく色っぽくてつやっぽいの書きたいです。BLもGLも。





ここで私のおすすめ作品をひとつご紹介。
既に私が若い頃入手した時も古本だった、ちょっと古い作品ですが・・・(現在わくわく読み直し中。20年ぐらい前の作品)
「金銀シリーズ」というものです。ホワイトハート文庫。
危うい均衡の妖しい二人組み、という話しです。好き過ぎて説明下手なので、自分の言いたいことだけ。
この作品はBLではありません。同性愛でもない。自然に人間の恋愛、主従も絡んで、人間らしいんです。すごくキャラクターがしっかりしてて、生き生きしてて、一人ひとりちゃんと最初から現在進行形で生きてる感じがする。でも、そこまで生々しくもなく、好ましい程度の生臭さというか(生存臭というか)。
ものすごくどのキャラもいい味出してるし、大好きです。作者さんが老後の楽しみに続きを書き続けるとサイトでおっしゃってたので、すごくいつまで経っても楽しみに待ってます。
エリーが色っぽい。無自覚に。
ああもうなんでこんな陳腐なことしか言えないんだろう、私。
すごく自然な世界な感じがする。それぞれの人間が正直に自由に感情のまま生きている感じがする。うまく言えません。男も女も出てくるし、変に閉ざされてない。ああもう何度読んでも大好きですッ!!!!(変な独り言になってしまった・・・)

この作品知っている人がいたら熱く語り合いたい。
でも、言葉が出てきそうにない。
最近の作品はあまり知りません。ついていけてません、時代に。
小器用な作品が多い気がする。そこそこ夢中になって読めるけど、手放せる、みたいな。
100万人に人気でなくていい。
私だけが堪らなく好きで心が震えるような作品に出会いたい。
そういうのが好きです。マイナー人気なのが。ちょっと濃いのが。揺らがない世界観があるのが。読者が一人でも手を抜かず、自分が書きたい・読みたい作品を生み出す、そんな人間に憧れます。


ああ、まとまりのないよくわからない日記になってしまった・・・!

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
葉桜とヨル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析



フリーエリア
Copyright ©  閉じた、私の地下世界日記  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]