忍者ブログ
   「地下世界の少女-アリス・イン・アンダーグラウンド-」と「閉じた、私の腕の中の小さな楽園」のふたつの小説サイトの更新やお知らせや戯言など。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


暑いですね。地獄の暑さです。ああ、これが灼熱地獄というものでしょうか。
道路という名の天然フライパンの上で、こんがり焼かれているミミズを見て、なんとなく親近感がわきました。
一歩間違えば人間もコンクリでこんがり焼かれそうな熱気です。

絶賛夏バテ中。
夏は食欲も落ちるため、無気力にベッドの上でクーラーの風を浴びて横たわるだけでいっぱいいっぱいです。なんかやる気が出ません。
人間も冬眠とか仮眠あ違う夏眠とか始めたら駄目ですかね?
こう、地球環境に適応するために・・・←


死ぬほど暑くなったので、ちょっと早いですが、トップ交換します。
もう手足の先が冷えて、神経にズンとくるような梅雨は終わってしまいましたね。
霧雨の息苦しい湿気も消え・・・代わりに空気も歪むような熱気に変わりましたね。

夏は嫌いじゃないけど、苦手です。
年々暑くなっていく気がします。
夏になると思うのは、夏祭り、花火、浴衣。
思い出すのは、蝉の声に導かれるように幼い頃から学校で教育された戦争のこと。
両親は戦後の食べもののない時に幼少期を過ごしたようで、父は実家の庭にところせましと実のなる植物と野菜を植えています。母は苦しくてもつい残さずに食べ物を口にしてしまうそうです。幼い頃の空腹の記憶がそうさせるのかなと話していました。
今は豊かですね。食べ物はたくさんあるし、暑ければクーラーのスイッチを入れればいいし。
現代人は便利になった反面、待つことが苦手・苦痛に感じる人が増えているみたいです。

夏の暑さと、ままならない自身への焦りを青春に絡めたものを書きたいです。(受験勉強とか、成績とかと絡めて・・・?)
現実は辛く詰まらなく苦しいことも多いですが、見方を変えると浪漫にも耽美にも変換できそうです。ちょっと脳内で頑張ってみます。
辛い思いは死ぬ前に報われることを祈って!


七月、八月は更新ちょっとまずいかもしれません。
暑さの精神に及ぼす無気力効果は計り知れません。
その分、日記を頑張ろうかなぁって思います。
アップできないような断片文章はちょこちょこ書き始めました。ちょっと百合系多め。


拍手[0回]

PR
拍手、コメントありがとうございます!


>あるとさま
いえいえ、結構詰め込みたいことは多いのですが、うまくまとめるのが下手でいろいろ取りこぼして、なんとか作品の体裁にまとめているので、作品語りみたいなのは、次々わき上がってきます。
「兄弟王」気に入っていただけて、幸いです。本当に趣味をささーっと書いたものなので、反応があるのがすごく嬉しいです! 兄弟とか王宮とかそういうのが好みです。重度のブラコンとか面白いです。病気レベルなんですが、みんな幸せみたいな世界観が好きです。

「最後の再会」は、間違った優しい思いやりの結果を美談化した感じです。弟の一方的な悲観ゆえの行動で、幸せよりも自己満足が強いかなと思います。思いやりは、”悪行をこれ以上させないため”と”一緒に逝くこと”な感じです。若く美しい頃の同性の心中は浪漫な気がします。(ただし、創作の上でだけ。実際起きたら最悪な無理心中デス)
一応、ハッピーエンド?な体裁です。兄弟はお互い離れたからか、余計に美化し合い、思いやり合ってます。この二人は立場が逆でもエンドは同じような展開になりそうです。

本当に暑いですね。私は夏バテ状態で、これ以上変に体調を崩さないよう気をつけようと思っています。
あるとさまも熱中症にはくれぐれもお気をつけを!



拍手[0回]

自分のサイトでノルマって言ってる時点でちょっとアレですが・・・;

拍手&コメントありがとうございます!
誤字指摘もサンクスです。さっそく(遅い)修正しました。
そう・・・皆さん、気付いているかもしれませんが、この文章サイト、文章がメインなのに誤字が結構その辺に転がっていたりするんです・・・。
なぜか。
それは勢いで書いて、何度も読み返してアップすると、私の脳内で誤字が、正しい文章に自動変換されて認識されてしまうんですねー! 気付いたら・・・直していこうと思う気持ちはありますが・・・次にパソコンを開いた時には忘れているというマジカル。
指摘されたものは、恥ずかしいので直します、はい。


七月の更新ですが、トップは更新します。確実に。
夏の・・・夏祭りの夜は幻想です。私の中に昔からずっと根付いている幻想がまた目を覚ます時期です。
夏祭りの夜の幻想・浪漫のトップに成り代わります。

小説は・・・かなり未定です。
最近パソコンを開くと人様の作品を読みふけるばかり。あと、いらぬ雑学を読み漁る。
ちなみに寝る前の読書が大好きです。そのまま読書の状態で眠ると、空想世界に入れそうだから(夢の内容とか)。
愛すべき自分の脳内の想像力! 欲しいものを見せてくれる! 自力で脳内物質を分泌させます。はい、目を閉じて感じるままに思うだけで、色んなものを見れる気がします。う~ん、空想癖?

七月の更新はかなり未定です。一回か四回か、謎です。う~ん、お楽しみに!?


時に、久しぶりにBLGというワードを聞いたので、色々調べてみました。
あまり新作は出てないんですね。そこは残念。ラッキードッグももう四周年ですか。早く続編ー!
少年アリスというなんとも長野まゆみさんを思い出させるタイトルのゲームが出てて、体験版も出来たのでやってみました。作りも丁寧精巧で、かなり手をかけてる。主人公がジュリオの声優さんということで期待バッチリ意気揚々とレッツプレイ!
体験版感想↓
主人公あんまり好きになれないなー。否定ばっかだし、こう「ああ、そっか、じゃーもうそうするよ!?」ぐらいあっけらかんに受け入れるヤケクソノリノリ主人公とか見たいです。総受け?もいただけない。むしろ総攻めの顔です。こういうの。こう、未知なる扉が開かれ開放され欲望のままにターゲットに踊りかかるぐらいして欲しいです。ほら・・・BLGは理不尽全開OKなので・・・←
こう、結果的に「いやよいやよもすきのうち~」的な雰囲気は嫌ですねぇ。
まあ、BL主人公は巻き込まれ易く流され易くなければ勤まらない(話の流れが)ような気もしますが。
これからのゲームはターゲット層を考えてやってくといいかも。似たようなゲームばっかりじゃ声優さん目当ての人しか購買しなくなりそうだし。
白兎、D&Dは性格が悪いなと。やっぱり年頃の子はこういうキャラにきゃーきゃー言うのかしら。私は無理でした。私はもうこの手は無理っす。組み敷く側だったらなんとかギリ許容範囲かな・・・←
ビジュアルで一番ないなと思ってたチェシャ猫が一番ありでした。うーん親友香ばしい!
帽子屋は無難にまあまああり。女王が儚すぎて拍子抜けた。あと、普通に主人公の母かと思った。王様はまあ有。もうちょっとソフトだといいんだけど、なんか結構意地悪系というか性格キッツイタイプが揃ってるみたいですね。
でも、ゲームのクオリティが企業と遜色ないどころか、もしかして上・・・?ぐらい作りこんである。すごいなぁ。
あと、ニトロプラス?にも新しいゲーム出てますね。体験版ないのか・・・せめて、体験版は置いておいて欲しいんだけど・・・(購買欲ちょっと減退)。まあ、機会があったらやってみよーかなーとは思ってます。
しかし、BLGはあんまみないけど、乙女ゲーは結構たくさん出てるんですね。そういう時代なのかなー。
私はいわゆる乙女ゲーはしない(楽しめない)ので、残念です。もっと脳天にズガーンと来るようなBLGが出て欲しいですね。PCのBLGはソフト高額ですが、あれを買う・買えるっていうのも、大人(R18)ならではかな、とちょっと思いました。乙女ゲーも初期のアンジェリークぐらい突っ込みどころ満載だと違う意味で楽しめるのですが・・・!
もうね、本当にかわゆい主人公総受けゲームはいらぬ。せめて総リバで! そして、親友兄弟はせめて押さえて! マジで!!
そう切実に思う私でした。
(対象キャラがいわゆるイケメン・男前で乙女ゲーでにっこり微笑んで居そうなイイ男みたいなのが一番苦手です・・・え、少数派ですか? うそ!)



拍手[0回]

厳しいデス。
今月は残り二日・・・?
それまでにあと一個小説をアップ・・・できるんだろうか・・・;

とりあえず、なんとか今日小説一個アップしました。
急ぎアップなので、クオリティがこれまたかなりアレだと思います。
私も時間を見つけて、アップされたのを読み直して、おかしいところを直していこうと思います。
とりあえず、辻褄を合わせるのと、以前がっと書いたものと、新しく書いたものをどちらを採用するかでもまた悩み・・・。

眠り~の方をアップしようと思ってたんですが、辻褄合わせがかなり面倒な感じで、うだうだ考えてたら頭がパンクしました!!
それで、予定にはなかった「ヤマシイ」の方がどうにか書けたので、そっちをアップ!
同時進行のいいところは、煮詰まったら気分転換にできるところですね!

最近は、犯罪者の脳の構造、いじめのこと、寿命、医療・治療・延命・長寿などを調べています。そんなものを絡めたのを書きたいですねぇ。

次の更新は今月中を目指しています!
その場合、可能性が高いのは、突発短編です!!

ちなみに七月は結構ハードスケジュールになるため、更新が・・・危ぶまれます・・・!
月4更新頑張りたいんだけどなぁー。
ちなみにクオリティがちょっと不味いかなぁーってのを更新した際は、登録サーチエンジンの更新をしに行きにくくて行かない場合がある私です。。。(意外と小心^^;)

よし、今月もう一個更新がんばるぞ~!

拍手[0回]

拍手ありがとうございます!
アンケートも久しぶりに覗いたら動きがありました! 合わせてありがとうございます!!
コメントなんてほんとど貰わないので(趣味嗜好がマイナーなんだと思ってます)、すごく嬉しいです。嬉しくて長文の返答がすごく長くてアレですが・・・お時間あるときにでも読んでみて下さい(ただ長いです)↓



>あるとさま
初めまして。拍手&コメントありがとうございます!
お好きなキーワードが被ったとのことで非常に嬉しく感じています。
メルヘン・・・兄弟・・・ファンタジー・・・いいですよね!
背徳・倒錯・禁断・葛藤は大好物です。美味しく頂いていただけると幸いです。
本館の方も読んでいただいたとのことで、とても嬉しいです。
本館はなんだかんだ私が中高生の時に書き始めた初期の作品が多く、思い入れも強く、未完の支離滅裂で理不尽なおはなしばかりですが、未だに私の中では生きていて、おはなしは続いているので、また時間を作って少しずつ続きを書いて行きたいと思っています(もはや人生をかけてレベルの時間で・・・^^; 緩やかに長期戦です)
「イビツダ」は本当は別に好きではないが、強迫観念というか、必要に迫られて求められているであろう”可愛らしい弟”を無理して演じて、好かれれば現状が良い方向に行くはずだと何故か脳裏に焼きついて思い込んで、いろいろと無理が祟って心身ともに異常をきたしたまま思春期に突入してさらに歪みは大きくなり続けて・・・?というおはなしでした。子どもってよくわからない思い込みで後戻りできないレベルまで思いつめることもあると思います。後々大きくなって、あの時は馬鹿だったなぁって思えたら正常or成長したなっていうのを、歪んだ場合の愛憎と混乱を書きたかったのですが、実力不足の消化不良気味に収拾をつけたものです。いつか似たものをまた書きたいです。
「高飛車」は幸せと不幸、富裕層と貧困化した生活の対比で、本当にほしいものは結局ないものねだりだということと、恵まれていると思われているものがもつ妬み、嫉妬、そしてそれをさらせない弱さとプライドの高さに粗相をプラスして書きました。割と最後の方で仲良くなりました二人。もうちょっと続きあります。あとは、癇癪持ちの線の細い美少年とか書きたかったです← 女みたいにキィキィ喚く系です。イメージなので、癇癪についてちゃんと調べてないのが申し訳ないです。
「兄弟王」気に入っていただけて嬉しいです。ああいうのが割りと好みです。あれは恋愛感情ではなく、純粋に強烈な兄弟愛です。ブラコンです。お互いがお互いを目を輝かせて見つめ賛美合戦する周りが見えても聞こえてもいない幸せな閉ざされた狭い世界をすすんで生きる二人です。盲目的です。愛って色々あると思いまして。
基本的に兄弟間のドロドロとした劣等感や思いやりや比較して落ち込むようなそんな葛藤が大好物なので、今後も兄弟ものは色々増やしていく予定です。
おはなし気に入っていただけるの、とても嬉しいです。ありがとうございました。


拍手[0回]

一応、五月の更新もなんとか四回しました。
しかし、最後の三日間連続の更新という、夏休みの宿題を最終日に全力で戦う小学生みたいな状態でした。
今回、更新は半ば諦めました。
・・・が、ストックから「ハレム」を持って来ました。
「ハレム」は一話目はシリアス風、二話目から私の気が逸れたのか(逸れたのでしょう・・・)、おかしなテンションの801BL展開になります。辻褄合わないし、設定が詰まってないんで、細かいところを気にしたら負けですよクオリティです。三話までは、比較的早くアップします。
ちなみに、来月のトップは清書も出来たので、楽々更新予定ですv
最近、芯から冷える寒さと鬱陶しい湿気(霧雨)により、割と「死」を意識したものをよく書いてしまいます。そういうのも更新したいなー。
今、ほんのちょっと忙しさの間で時間できたので、近々一個ぐらい何かしら読み物の更新予定です!


二次創作あれこれ。
ジャンアルが嫌なのは、公式でジャンはミカサのこと気になって、エレンを敵対視しているから。アルジャンは全然オオッケでした←
あと、ライナー受けとかベルライとかライベルとかものすっごくナチュラルにオッケでした。
筋肉質・・・全然いける←
如何にも受け受けしいアルミンが総受けなのは、やっぱりちょっと嫌だなぁ。むしろ総攻めで見たい。

拍手[0回]


最近久しぶりに人気の商業漫画を読んだので、二次創作を漁ってました←
一応メモで書いておく。
探すと私の好みは少数派だなぁと思いました。

青エク・・・燐雪がいいなぁ。燐雪燐でも可。耳や尻尾が生えてるからと可愛い系にしちゃうのはイヤア。
進撃・・・アルエレ(なかなかないね!)、ジャンアル超嫌です・・・なぜ、あそこをくっつけるのか・・・わからん・・・orz
おおふり・・・叶ミハ←アベでした。叶と相棒のでかいやつがくっつくのが嫌でしたねぇ・・・。

青エクは原作・アニメ未読です。ただ兄弟だから二次創作読んでます。
進撃、アルミンいいと思うんだけどなぁ・・・エレリとかリヴァエレとかばっかですね・・・本当に好みが違うんだなとしみじみ実感! 8巻のベッドに寝ているエレンの周りにミカサが座って、ジャンが壁によっかかって、アルミンがエレンのベッドの足元辺に体操座りをしているという・・・(しかも靴が揃えてある!)、めちゃ萌えましたね。それを描いている方がピクシグにいて、ほこっとさせていただきましたv

自分のサイトの方は、あまり恋愛=綺麗というイメージで書いてないのですが、(欲望、葛藤、気の迷い、魔が刺す、うっかり、損得・・・なんかのごく身近でリアルな感じに憧れという目くらましをまぶして(しかも、それはすぐに溶けて消える)というような、少し生々しいのを書きたいみたいなので)。
あとは気楽にコメディ。
突発でしょうもない801BLアップするかもです。
更新頑張るぞー!

拍手[0回]


アニメ見てはまった進撃の巨人を9巻までですが読みました~!
超面白い! アニメもかなり面白い!!
ああいう絶望×希望の繰り返し、日進月歩? 一歩進んで一歩下って・・・みたいなの超好きです。
人がたくさん死ぬけど、こういう世界は当たり前って思えていいですね。

人が全然死なない今だから、人が死んでいく物語が読みたいのかも。人間ってないもの強請りの生き物だから・・・(私とか)。

腐的視点から見ると、私は確実にアルミン×エレか、百歩譲ってエレアルかリバか・・・なのですが、世の中はそうでないらしい。エレリヴァかリヴァエレ祭りですね! ああもう、なんてこったい!!
あとはミカサやジャンもばんばん活躍して欲しいです。名わき役というか・・・。
幼馴染三人組が好きです。
でも、絶対アルエレがいいんだけどなぁー・・・。
私はショタは嫌いじゃないけど、あまりにもショタショタしたのはちょっと好きじゃないかも・・・なので、ショタ化しない(+大人化しなくいい)アルミンでエレンとやおって欲しいです←
そこに邪魔をねじ込む周りの人・・・気付かず天然邪魔や意図的腹黒邪魔とか。
ピクシグ?見るとめっちゃアルミン少ないんですよねーorz
私漫画描けないから、すごくもやっと残念です。増えればいいのにー!

渡瀬由宇さんの「アラタ~」も1巻から17巻まで一気読みしました!!
超面白い! 渡瀬さんはわかりやすい天才だなぁって思います。(私が勝手に)
本当にストレスなく楽しく面白く色々読み取りながら漫画を読み進めていける感じ。一冊一冊が密度高い感じ。
漫画って本当にセンスですよね。
真っ白の紙に物語を描き込んでいく。魅せ方は本当にその人次第! センスと実力と努力が存分に発揮できる場所! 好きでこだわりたい人にとっては天国(!?)、そうでないひとには高すぎて手が届かない。
どこまでだってこだわっていけそう。
上手くなり続けられそう。
ああ・・・漫画描ける人ってすごい!

拍手[0回]


なんだか最近妙に時間の流れが穏やかというか緩やかというか、何かしなきゃーって気持ちがふーっと消えていってしまったような状況です。
そして、些細なことでもストレスに弱くなってる感じ。

うーん、一足早い五月病でしょうか。
春や季節の変わり目は何か狂わせるものがありますよね。
あまり春先は安全な時間帯以外は外出したくないです。
嫌な目に合うぐらいなら引きこもっていた方が百倍マシ。
今は通販も発達して、どんなに田舎にいても、都市部に買出しに行かなくてもなんでも手に入るので、本当に便利で助かってます。

今後書きたいのは、春の人を狂わす・魔を刺させる瞬間の過ちみたいなものとか。
あとはずるいリアルな女の子らしい女の子の出てくるGLとか。
ぽっと浮かんで、完結まで続かなさそうなのを、短編で上げようかなぁと。

暗いものも、明るいものも書きたくなります。
暗いものは、目を背けたくなるような些細でリアルな醜い感情の動きとか表現できたらいいな。
何事も裏側があって、人はそれを各々都合のよいように解釈して生きている。でも、ある日突然、その価値観が崩れ去る・・・なんて。

なんだか虚無感に浸っている今日この頃。


拍手[0回]


最近、ちょこちょこアニメ見てます。
新しいのが始まりましたね。基本的に詳しくないです。
一応録画していて、見て、面白かったら継続して録画、なのですが。

なんとかプリンス(タイトル長いともう覚えない・・・)、メカ系は嫌いなのですが、キャラとかテンポとかよく面白かったです!
RDG・・・タイトルから見て萌え系かと思っていたら、ななななんと! 荻原規子さんの作品じゃあありませんかっ!!!!><*
面白かったです。久しぶりに本を読みたいなぁって思わせられました。
上橋菜穂子さんとか、昔学生・・・いや児童時代に学校の図書室にひっそりあって(その頃は(いまも?)読書なんてしている子は少なくて、図書室は冴えない暗いしみったれた場所、というイメージがあって、面白くもな教訓めいた本ばかりある・・・なんてイメージだったのですが)、その中で宝物のような、ぴかっと光る本があって、学校の図書室の本なのに、こんな面白い(娯楽的な?)本があっていいのかと、背徳感(?)を感じながらドキドキ読んだものです。

それが現在も学校の図書室やいろんな図書館にあって、いつの間にかアニメ化されたり(本当はアニメ化って好きじゃなかったんですが、作品の知名度が上がると思えば許容できるようになってきました←)、幅広い年代に楽しまれていたりして・・・すごく、すごく素敵なことだと思います。

私は昔からずーっと飽きもせず絵を描き、幻想世界を空想していました。
漫画は読むのは大好きだけど、いざ描こうと思ったら(過去)、コマ割がうまく脳みそで処理できず、ああ、漫画には超絶センスや空間とか場面の魅せ方とか色々難しいんだなぁって思いました。
はまって凝る人にはぴったりですね。私は向いてなく、四コマみたいなのは描けたけど、上手くないし、上手い人が山ほどいたので、それほど執着もなかったみたいですぐにやめてしまいました。

小説・・・と言っていいものか。明確に文章としてのおはなしを書き始めたのは中学三年生の頃。
初めての受験勉強が苦痛で苦痛で、大好きな読書を勉強に取り上げられ(イメージ。みんな勉強してたしね)、ノートに抑えきれない思いで書き綴りました。
その頃はまだパソコンも持ってなかったからすべてノートに手書きで、ペンダコが出来るほど指が痛かったです。
未だそのノートはネタ帳として取ってあり、表サイト(地下世界)の作品は、その頃生まれたものが多いです。
自分の中に、自分のためだけの幻想世界があります。
それはいつでもすぐ近くにあって、好きな時に心を飛ばせる気がします。好きなことを思うと時間の経過も気にならず、私はいつまで経っても子どものような気持ちで、いくつになっても大人と子どもの間をふらふらさ迷うように、非現実的な場所に身をおいている気がします。

思春期の頃、長野まゆみさんに大ハマリして、耽美系・BL系にも大ハマリして今に至ります。
歴史の授業でも少年愛とか、お稚児文化とかそういったことに興味が止まらず・・・。

私があの頃、色んなものを受け入れて取り込んだあの時期に活躍していた人たちが今もリアルタイムで活躍しているというとても素敵なことに、久しぶりに心が熱くなりました。
ああ、大好きです。今も。これからも。

私はファンタジーや歴史・民族文化ものが好きで、昔から魔法の世界も好きでした。
でも、自分が書くものは、あまり突拍子もない魔法や魔術は出てきません。なぜだろう。
スレイヤーズなんてものすごく大好き(現在も)なのですが、剣と魔法の世界よりも、もう少しリアルなものを書きたいって思っているような気がします。

ああ、またよくわかんない長文日記になってしまった・・・!!

拍手[0回]

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
葉桜とヨル
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析



フリーエリア
Copyright ©  閉じた、私の地下世界日記  All Rights Reserved.
* Material / Template by tsukika忍者ブログ [PR]